2018年5月14日月曜日

鳥飼ナスの作付け(平成30年5月14日)




『大阪・摂津で"幻のナス"作付け 特産「鳥飼ナス」』
 ソフトボール大の丸い実をつける大阪府摂津市特産の鳥飼(とりかい)ナスの作付けが、同市鳥飼八防の畑で行われ、約200株の苗を植えた。
 鳥飼ナスは、実がしっかりしており、田楽や煮物に向いている。最盛期の大正から昭和初期にかけては栽培農家が60軒前後あったが、昭和40年代からはほとんどつくられなくなり、「幻のナス」と呼ばれた。こうしたことから、市は栽培を奨励し、平成6年からは、市内の農家でつくる市農業振興会に栽培を委託している。(平成3055日産経新聞より)

  先日の上記の新聞記事で鳥飼ナスの作付けのニュースを読みましたが、今日、本校でも農業委員及び市役所産業振興課の方々のご指導のもと、三年生が鳥飼ナスの作付けを行いました。ご協力いただいた皆様、暑い中、ありがとうございました。

 ナスは実るまでにたくさんの水が必要です。苦労と努力なしでは実りません。幻のナスと言われる鳥飼ナスは本当に美味しいですが、味わうためにも、毎日の水やりをしっかり頑張ってくださいね、三年生の皆さん!